[新リフタージュ/副作用]毎日飲んで大丈夫?安全性とアレルギー成分について

毎日飲んで安心・副作用心配なし

リフタージュを毎日飲み続けても安心なポイントを3つあげました。

1.ノンカフェインで低糖質&低カロリーなので、いつ飲んでも就寝を妨げたり、太るということはありません。決まったタイミングでしか飲めないものだと飲み忘れたときに困ってしまいますが、リフタージュはそのような心配はありません。

2.今回、リフタージュはリニューアルされましたが、6年の歳月をかけてのリニューアルです。研究所での日々の研究があっての商品開発で信頼できます。

3.商品の製造は、国内工場で、GMP認証を受けた工場で200項目にも及び品質チェックを経て商品が出荷されます。

このように安全に対して取り組みがあればこそ私達は安心してリフタージュを毎日飲むことができます。

ノンカフェインで低糖質&低カロリー

リフタージュは、ノンカフェインなので、就寝前に飲んでも睡眠を妨げられることがありません。さらに、低糖質&低カロリーで太るということはありません。

就寝中はお肌が再生するとき、だから就寝前に飲んでも大丈夫なのはありがたいです。また、カフェインが配合されていると、仕事で遅くなった日は、飲めなくなります。

糖分が多めだと、糖化が心配になりますが、低糖質です。それも低糖質でありながら、きちんと甘みがある飲み味。コラーゲン特有の飲み味もなく飲みやすいです。

低カロリーなので、ダイエット中でもカロリーを心配しなくていいのもありがたいです。

いつでも飲みたいときに飲めるリフタージュです。だから継続しやすい美容ドリンクです。

科学的裏付けある商品開発

今回、リフタージュはリニューアルされましたが、6年の歳月をかけてのリニューアルです。

他のコラーゲンドリンクだと、リニューアルではなく、配合成分を変えたものを追加で発売しますが、サントリーはリニューアルです。コラーゲンドリンクは1種類だけという拘りを感じます。

リニューアルするまでは、試行錯誤の連続だと思います。リフタージュの開発元であるサントリーウエルネスは、サントリー健康科学研究所という研究所を設けています。これは、京都にあるサントリーのサントリー ワールド リサーチセンターの中に併設されています。そこでは、健康のための原料の探索や機能・安全性評価といった研究に取り組んでいます。

研究所まで建てた商品開発を行っている健康関連の会社はそう多くはありません。原料会社から提供された原料をただ組み合わせて商品にしているところがほとんどです。

今回、プロテオグリカン、コラーゲンペプチド、エラスチンペプチドの3つを主成分として配合することになりましたが、これもこの3つを組み合わせることで、どれかを単体で配合するよりもコスパ良く効果が高いと科学的実験を繰り返しての結果です。

リフタージュのCMや広告を見るとお金を掛けているなと思いますが、きちんと商品開発にもお金と時間も掛けているところが信頼できます。

国内生産で200項目にも及ぶ品思管理

商品の製造は、国内工場で、GMP認証を受けた工場で200項目にも及び品質チェックを経て商品が出荷されます。

口に入るものは、国内工場で作られた方がやはり安心です。それも長期で摂取するかもしれないものとなると尚更です。

でも、国内でもいい加減で杜撰な工場も多いと思いますが、サントリーウエルネスの工場はGMPという第三者の認証を受けています。

このGMP認証を取得するためには、原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」が要求されます。

そして、認定の期間は3年間で、3年毎に更新が必要です。また、認定期間中は、毎年1回の中間実地調査を受ける必要があります。

いくら内部的に品質管理を徹底的にしていると言われても、内部の人間だけでは甘えも起こるし不正も見過ごしてしまうかもしれません。第3者の厳しい目で監査を受けているとなると届く商品の品質に対して安心感を抱けます。

リフタージュ公式サイトへ初回購入10%off・送料無料

[新リフタージュ/副作用]糖質を摂りすぎる心配がないリフタージュ

リフタージュの糖質は、正確には不明ですが、炭水化物/3.72gが明記されているので、3.72g以下になります。炭水化物から食物繊維の量を引いたものが糖質となります。

糖分として配合されいるものは、アセスルファムK、スクラロース、エリスリトールで、全て、ノンカロリーで血糖値が上がりないもので安心です。

アセスルファムK、スクラロースは、ノンカロリーのダイエット系の飲料でもよく使われているものです。

エリスリトールは、最近ではコンビニで手に入るライザップの商品によく使われていたりします。糖質オフの商品には必ずと言っていいほど使われています。

アセスルファムK、スクラロースが人工甘味料で、砂糖の数百倍の甘さで、エリスリトールは、砂糖の0.75倍の甘さです。この3つを上手く組み合わせることで飲みやすい味にされています。

糖質オフで飲みやすいのがリフタージュです。

リフタージュ公式サイトへ飲めば実感!

[新リフタージュ/副作用]ダイエット中に食べて太ることはない?

リフタージュのカロリーは23.2kcalと低いので、リフタージュを飲むことで太るということはないです。

このカロリーですと、就寝前にも安心して飲めます。またカフェインも配合されていないのでますます安心です。

でも、たるみ世代の私達は、今まで問題なかったものが、問題になってくることがあります。女性ホルモンの分泌量が少なくなることで、脂肪を貯める力と分解する力のバランスが崩れ余計な脂肪が付きやすくなって来ます。 基礎代謝も落ちてくることで、さらに太りやすくなります。

今までは問題なかったおやつの間食が脂肪になっているかも知れません。また、アルコールでの食欲増進で食が進みすぎているかも知れません。

とにかく、太り気味や体重の増加が気になるのであれば食生活の見直し余分な食事を減らして栄養バランスの良い食生活になるように頑張りましょう。

リフタージュと食事については[新リフタージュ/飲み方]年齢美容ドリンク・リフタージュの効果的な飲み方でも解説しています。

リフタージュ公式サイトへ初回購入10%off・送料無料

[新リフタージュ/副作用]朝はいつも快適だったのに便秘になった!?

リニューアル前のリフタージュPG-EXを飲み始めてから便秘気味になったという口コミがありました。それまでは快便だったと言います。

このような方は、善玉菌と悪玉菌のバランスがとても良い腸内環境だったのだと思います。このバランスは食事内容で2-3日で変化すると言われています。

リフタージュに配合されているコラーゲンはタンパク質の一種です。 悪玉菌はタンパク質が大好物なので、腸内は悪玉菌が増えると思います。 その結果、バランスが崩れるので、便秘になることも考えられます。

今までタンパク質の摂取量が少なければ仕方がないことだと思います。 長年、同じような食生活で、それに腸内も身体も慣れてしまっています。 まずは、リフタージュの摂取を一旦辞めて、便秘が治るかどうか確認してみることです。

便秘が治るなら、タンパク質の摂取を増やしてどうなるかを観察し、便秘気味であれば、食物繊維など、善玉菌が喜ぶものを食べる量を増やし便秘を解消してください。

このようにして、ある程度のタンパク質を摂取しても便秘にならない腸内環境を手に入れます。面倒くさいですが、健康のためには、自分でコントロールする必要があります。身体のメンテナンス技術がこれからの生活の質を左右します。その後に、リフタージュを再開して下さい。

エリトリトール摂取での下痢

リフタージュに配合されているエリスリトールですが、お腹を下すことがまれにあるようです。

大量のエリスリトールの摂取によって下剤効果を引き起こす可能性があるので注意を要する (wikipedia)
エリトリトール - Wikipedia

大量とはどれぐらいか?と調べると

一度に摂取した時の緩下作用を起こさない単位体重あたりの量(最大無作用量)は、わが国での研究によると、成人男性で0.66g/kg体重、成人女性で0.80g/kg体重と報告されています(Nutrition Research, Vol.16, No.4, 1996)。 緩下作用について

体重が50kgの女性で、40gです。リフタージュの容量は50mlで、グラムに変換するには比重が必要ですが仮に1として、計算すると、リフタージュの半分がエリスリトールだとしたら、1600本必要です。

エリスリトールは、大腸内の浸透圧を高める効果が少なく、他の糖アルコールの甘味料に比べて下痢が起きにくいwikipdhia

万一、下痢が起きた場合は、記録して、続けて起こることがないか注意してください。

スクラロース摂取での下痢

リフタージュにも配合されているスクラロースが下痢を誘発すると言う口コミがあります。

スクラロースは、人工甘味料で、難消化性でカロリーゼロです。 消化されることなく、腸を通って便に。吸収されたものは代謝されずに尿として排出されます。

過剰摂取でお腹がゆるくなると言われていますが、ネットの口コミを見ているとスクラロースへの反応が過敏に出る方がおらるようです。

そのような口コミでは、量に関係なくスクロース入りの飲料を飲むと下痢になると書かれています。最近は、ダイエット飲料系のものにスクロースが配合されているものが多いです。代表的なものはコカ・コーラ ゼロ、ヤクルト、アクエリアスなど。

人それぞれの体質です。もし、リフタージュを飲んで下痢が続くようなら摂取は控えた方が良いでしょう。また他のスクラロース入り商品のものも控えた方がいいと思います。

ビタミンC摂取での下痢

リフタージュに配合されちえるビタミンCの過剰摂取でお腹を下すことがあるそうです。

体内で吸収されなかった余剰のビタミンCは尿中に排出されるが、数グラムレベルで一度に大量摂取し、腸管耐容量を超えると下痢を起こす可能性がある (wikipedia)
ビタミンC - Wikipedia

コンビニなどで見かけるC1000ビタミンレモンは、その名の通り1000mgのビタミンCを配合しています。1gということです。これを一気に5-4本飲むと下痢を起こすかも知れないということです。

リフタージュの配合量は100mgなので、リフタージュのビタミンCが直接の原因で、お腹を下すということはないでしょう。

[新リフタージュ/副作用]食物アレルギーの方は注意

食物アレルギーはどの食べ物でも起こるそうです。

いかなる物質もアレルギーの原因になることはありえる 用賀アレルギークリニック

こればかりは、個人差が大きいものなので、各個人で注意してもらうしかありません。

ただ、食物アレルギーの経験がある方は注意できますが、今まで食物アレルギーが無かった方が、リフタージュを飲むようになってからアレルギーの症状が出る方もいるかも知れません。

大人になって発症する食物アレルギーのアレルゲンで多いのは、小麦、魚類、甲殻類、果物だそうです。

リフタージュに配合されているもので、魚由来のものがあります、

症状としては、皮膚に、かゆみ、じんましん、赤くなるなどがほとんどで、他には、咳、目のかゆみなどがあります。特に注意が必要なのは、アナフィラキシーショックという急性アレルギー反応です。

食物アレルギーかもと気になるときは、早めに医療機関を受診しましょう。 アナフィラキシーショックを起こすと危険ですから、原因を特定した方が良いです。、

リフタージュの配合成分で、アレルギー症例が報告されているものがありますので紹介しておきます。

コラーゲンの症例

コラーゲンが原因の食物アレルギーの症例がいくつか紹介されています。

この足立さんは、40歳になってから、『マルチビタミン』の錠剤、お肌のハリにいいという『コラーゲン』、疲労回復のための『黒酢』、老眼に効くという『ルテイン』を毎日摂るようになったと言います。

原因は、コラーゲンで、「蕁麻疹様紅斑」だったそうです。

また、「国立健康・栄養研究所」が提供する「健康食品」の安全性・有効性情報にて、コラーゲンは皮疹などのアレルギー症状、頭痛、めまいなどを生じる可能性があると論文から引用されています。その他にも、アトピー性皮膚炎の既往歴がある29歳女性が、コラーゲン飲料を摂取したところ、四肢の掻痒および浮腫が生じたとあります。

こられのコラーゲンの由来が明記されていないので、動物由来なのか魚由来なのかが不明で不正確なところに苛立ちを感じます。

魚由来のコラーゲンでの食物アレルギーが多いとNPO法人である日本アトピー協会の通信紙で紹介されています。

リフタージュのコラーゲンは、魚由来と明記がないので動物由来だと思います。といっても、魚アレルギーの方でも安心というわけではありません。魚由来のプロテオグリカンがあります。

魚アレルギー

上述の日本アトピー協会の通信紙には魚アレルギーについて下記の紹介があります。

魚アレルギーの主要なアレルゲンは、「パルブアルブミン(PA)」で、分子量は12kDa。日本の魚アレルギー患者の2/3が認識するとされています。多くの魚で交差抗原性が認められますが、魚の種類や部位によって含有量は大きく異なります。普通筋と比較して、血合筋ではPAの含有量が著しく低いため、血合筋のアレルゲン性は弱く、またPAは水溶性であるため、「水さらし」という過程でPAが除去され、アレルゲン性が弱まるとされています。 NPO法人である日本アトピー協会の通信紙

プロテオグリカンは、鮭の頭の先っぽにある鼻の軟骨から作られています。 この部位にアレルゲンとなるものがどれほど含まれているかわかりませんが、魚が使われていることは事実ですので注意が必要です。魚アレルギーの人は、全ての魚に対して反応すると言われているので鮭だから安心ということも無いようです。

また、リフタージュに配合されているエラスチンペプチドの由来が、豚もしくは魚となりますので、ここでも注意が必要です。

エリスリトールの症例

リフタージュに配合されているエリスリトールは、低カロリーやノンカロリー、糖質オフの食べ物、飲み物に頻繁に使われています。

エリスリトールが使われるようになったのがごく最近のようです。

エリスリトールが原因の食物アレルギーについて日本で初めて報告されたのが2013年5月です。

即時型アレルギーの症例について、国立病院機構相模原病院の海老澤元宏先生らによるグループより報告されました

科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体の記事によると、

食事の後にアレルギーの症状が出て医療機関を受診した人で、甘味料による食物アレルギーと診断された人が15人、疑いがあるとされた人が18人いたとのこと。甘味料別では「エリスリトール」が15人、「キシリトール」が10人、「ステビア」が2人となっていました。

それまでは、分子量が大きいタンパク質でない限りは抗原性を発揮せず,アレルゲンには成り得ないというのが、関係者の認識でした。エリスリトールなどの糖アルコールの甘味料は、タンパク質ではないので、どのような作用でアレルゲンとなるのかが不明とのことです。

また、「国立健康・栄養研究所」が提供する「健康食品」の安全性・有効性情報にて、12件のアレルギー症状が紹介されています。4件が成人の方です。

ほとんどの方は心配ないと思いますが、知識としてエリスリトールのアレルギーについて頭の片隅にでも入れておいて損はないでしょう。私としては、自分のことよりも子供のアレルゲンとなることがあるということで家族と共有しておきたいことだと思いました。

リフタージュ公式サイトへ飲めば実感!

[新リフタージュ/副作用]添加物の安全性

保存料、甘味料、着色料、香料などの食品添加物は、メーカーが独自の裁量で使用するものではなく、国が安全性を評価し使用基準を規定しています。

その安全性は、長期間食べた場合の影響も含めてのものです。

使用基準の決定方法を詳しく説明すると、

動物を用いた毒性試験結果等の科学的なデータに基づき、各食品添加物ごとに、健康への悪影響がないとされる「一日摂取許容量」(ADI)が設定されています。

「一日摂取許容量」(ADI)というのは、人が生涯にわたって毎日摂取し続けても、健康に影響をおよぼさない量のことです。この量は、動物実験で有害な作用を示さない量の100分の1です。 参考:国立医薬品食品衛生研究所

このADIを基に、日本人の各食品の摂取量などを考慮した上で、使用対象食品や最大使用量などが決められます。

従って、使用基準の上限量を使用したとしても、ADIを十分下回る量しか摂取しないようになっています。 参考:東京福祉保健局

一つ一つの添加物の使用基準を超えなくても、複数のものを食べた場合は超えることがないのかと疑問がわきますが、毎年調査されています。

添加物の一日摂取量調査を実施し、指定添加物を中心に我が国における食品添加物の摂取実態を明らかにする取組を行われています。 参考:マーケットバスケット方式による年齢層別食品添加物の一日摂取量の調査

このような取り組みは、日本だけの一国だけでなく複数の国が基準を設けています。

これが安全でないとしたら、不謹慎かも知れませんが地震の多い日本で住む方が危ないということになりかねないと思います。

私達のようなたるみ世代は基本的に食品添加物が残留し子供に引き継がれる心配もありません。

リフタージュにおいての添加物は、安定剤(ウェランガム Welan gum)、香料、アセスルファムK、スクラロースの4つです。

安定剤は、液体である食品成分を均一に安定させるためためのもので、香料は香り付けです。気になるのは、アセスルファムK、スクラロースの人工甘味料だと思います。

リフタージュに配合されている人工甘味料の安全性と副作用

人工甘味料も添加物ということで添加物のところで説明した様に使用基準が設けられています。安全性なものです。

人工甘味料がダメとなると難しい問題があります。 リフタージュは、アセスルファムK、スクラロースに加えて、天然の糖アルコールのエリスリトールで甘みを出しています。

これの甘味量の配合で、血糖値を上昇させることなく甘みを感じ飲みやすくなっています。もしかしたら、アセスルファムK、スクラロースは配合しなくても飲めるかもしれませんが、ほとんどの人にとっては継続しつづけるような味にはならないのでしょう。

アセスルファムK、スクラロースの代わりに砂糖を配合すると血糖値を上昇させてしまい健康的な飲料ではなくなってしまいます。

そもそも、こんなドリンクに頼らずにタンパク質を摂取すればいいという意見もありますが、必要な量を簡単に摂取出来るのか?、脂肪分などの摂取すべきでないものも接収してしまうのではないか、費用はリフタージュの値段よりも高くなるのではないかと色々な懸念点があります。

人工甘味料は安全で、無理せずに飲み続けらるようにしてくれるものです。

アセスルファムK

アセスルファムK(カリウム)は、酢酸を原料とする高甘味度甘味料で、砂糖の200倍の甘さがあります。

JECFA(国連の食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)の合同食品添加物専門家会議)の評価では突然変異・発がん性は認められず、アセスルファムk自体・加水分解物ともに毒性試験では無害と確認されていて、各種動物実験でも安全性が確認されています。 wikipedia

日本では、2000年4月に厚生労働省で使用が認可されています。

アセスルファムkの清酒、合成清酒、果実酒、雑酒、清涼飲料水、乳飲料、乳酸菌飲料(希釈して飲用に供する飲料水は、希釈後の飲料水)としての使用基準は、0.50g/kgです。1gに付き最大0.5mgまでの使用ができます。

スクラロース

スクラロースは、1976年に開発された砂糖の約600倍の甘さをもつカロリーゼロ甘味料です

米国食品医薬品局(FDA)や欧州食品安全機関(EFSA)をはじめとする各国の規制当局や、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)でもスクラロースの安全性が確認され、使用が認められている5

日本では1999年7月30日に食品添加物に指定され、使用基準及び成分規格が定められた。 wikipedia

スクラロースの清酒、合成清酒、果実酒、雑酒、清涼飲料水、乳飲料、乳酸菌飲料(希釈して飲用に供する飲料水は、希釈後の飲料水)としての使用基準は、0.40g/kgです。1gに付き最大0.4mgまでの使用ができます。

リフタージュ公式サイトへ初回購入10%off・送料無料

[新リフタージュ/副作用]更年期でも積極的に飲めるが注意事項あり

たるみ世代が気になるのは更年期です。リフタージュを積極的に飲んでも大丈夫なものなのか?また注意事項などはないのかと心配になられる方もいます。

リフタージュの注意事項としては、「薬を処方されている方、通院中の方は、医師又は薬剤師にご相談ください」、「妊娠・授乳中の方のご利用はお控えください」の2点です。

特に更年期に絡む記述はありませんが、ホルモン補充療法を漢方薬の処方を受けている方は、飲み合わせて良いのかの相談をするべきかと思います。

更年期では、体内のエストロゲンの減少とともに、皮膚のコラーゲン量が減少したり、皮膚の保水力が落ちてきます。

このような症状には個人差がありますが、大豆イソフラボンから体内で作られる「エクオール」が個人差に影響していると言われています。

「エクオール」量が尿中に少ない人は更年期症状が重いという結果が得られました。 更年期ラボ

エクオールは腸内で細菌から生み出されます。エクオールを生み出す腸内細菌は誰もが持っているわけではなく、その割合は50%だそうです。

ただ、腸内細菌は食べるものにより変化します。エクオールになる成分が多いのは、豆腐や納豆などの大豆食品ではなく、麹菌で発酵した味噌や醤油のような大豆食品です。このような大豆食品を積極的に毎日の食事に取り入れ善玉菌の動きをサポートする食物繊維なども摂るようにしていけば、エクオールも作れるようになっていくようです。

リフタージュでどうにかなることではないので、更年期障害を疑う症状が現れたら、我慢せず婦人科の更年期外来や女性外来などを受診しましょう。

リフタージュの注意事項:妊娠・授乳中の方

公式サイトに「妊娠・授乳中の方のご利用はお控えください」と注意書きがあります。

たるみ世代にとっては、疎遠な事柄ですが、家族に妊娠・授乳中の方がいるかもしれないです。冷蔵庫などに入れておいて、いつの間にか本数が減っていることがあるかも知れません。妊娠・授乳中の方と住まわれている場合は、前もって、共有しておく方が良いでしょう。

リフタージュの配合成分であるアマニ抽出物末にリグナンという植物エストロゲンがあります。これが妊娠・授乳中の方のホルモンバランスを崩すかも知れません。

リフタージュへの配合量は明記がないため不明ですが、生涯の分泌量はティースプーン1杯程度と言われる女性ホルモンですから、少量でも影響が出てきます。

その他の注意事項については、公式サイトに記載されている情報を掲載します。

■注意事項 ●1日1本を目安にお飲みください。 ●開栓後はすぐにお飲みください。 ●凍らせないでください。内容液が膨張し、容器が破損する場合があります。 ●振ると泡立つことがありますが、品質に問題はありません。 ●時間の経過や温度変化により液色が変化したり、内容成分が浮遊・沈殿することがありますが品質に問題ありません。 ●1日の目安量を参考に、摂り過ぎにならないよう注意してご利用ください。 ●原材料をご確認の上、食物アレルギーが心配な方は、ご利用をお控えください。 ●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。 ●原材料の一部にサケ・ゼラチンを含む。 ●妊娠・授乳中のご利用はお控えください。 ●薬を処方されている方、通院中の方は、医師又は薬剤師にご相談ください。 ●本品は、未成年向けに開発された食品ではありません。 ●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

リフタージュ公式サイトへ初回購入10%off・送料無料

[新リフタージュ/副作用]配合されている成分の安全性

リフタージュの発売元のサントリーはサントリー ワールド リサーチセンターという研究所を有しており、その中にサントリーウエルネスの健康科学研究所があります。

サントリーはサントリー ワールド リサーチセンターの研究員の数は250人

引用元:2016年11月時点。日経ビジネス

ここで商品の配合する素材の安全性、有効性、配合の設計が行われています。 250人もの研究員が集まって研究すれば、切磋琢磨することで研究のレベルも向上します。

原料調達においては、生育環境、農薬の有無などの現地確認を行うなど、品新基準を設けて原料調達を行っているようです。

製造においては、GMP認証を取得した国内の工場で生産されています。

リフタージュに配合されているものを一つ一つチェックしましたが、日本人の食経験が乏しいものは使用されていません。。

総合的に、リフタージュ及びサントリーウェルネスの安全性は高いと思います。(食物アレルギーについては、個人によっての差異が大きいので各自の注意が必要です)

リフタージュの配合成分の安全性については以下を参考にしてください。

コラーゲンペプチド
コラーゲンの原料は、豚皮、魚皮、魚ウロコのいずれか。 リフタージュでは魚由来と明記がないので豚皮と推察 日本国内で食べる経験があるもので安全性の高い素材 また、ヒトの体内にあるものである
エラスチンペプチド
エラスチンペプチドの原料は、ブタ大動脈、カツオの動脈球のいずれか リフタージュでは魚由来と明記がないのでブタ大動脈と推察 日本国内で食べる経験があるもので安全性の高い素材 また、ヒトの体内にあるものである
プロテオグリカン
プロテオグリカンの原料はサケの鼻軟骨(氷頭) 主に北海道、東北、新潟などの郷土料理として「氷頭なます」の食材として用いられている 「氷頭なます」1枚に30mgから40mgぐらいのプロテオグリカンが含まれている リフタージュの配合量はそれ以下 日本国内で食べる経験があるもので安全性の高い素材 また、ヒトの体内にあるものである
ビタミンC
体内で合成できないため摂取が必要で、コラーゲンの生成に関わります。 健康な成人であれば、摂取量 2000mg までは毒性は無い 体内で吸収されなかった余剰のビタミンCは尿中に排出される
ヒハツエキス
ヒハツ(ロングペッパー)は、香味料としてスーパーで売られている。 アジア地域で、肉料理やカレーに使われています。沖縄本島や宮古・八重山諸島でも豚肉料理や沖縄そばの薬味として利用されています。 リフタージュの配合量は150mgなので、小さじ1杯より少ない量。 ヒハツに含まれるピペリンが、摂りすぎると胃腸を荒らします。 また呼吸器系疾患薬のテオフィリンでは効果を低下させます。
アマニ抽出物末
アマニ油はスーパーで売られている。 小さじ一杯程度をサラダなどにかけて食べる アマニには、リグナン(植物エストロゲン)が含まれているので、妊娠中の摂取は控えた方がいい。
桜の花抽出物末
桜は、昔から桜湯や和菓子、桜ごはん、お吸い物、桜餅の葉っぱなどで食用に使われている > 桜の花エキスの過剰摂取、あるいは体質や体調によっては腹部膨満感、軟便を生じることがあるが、 軽微かつ一時的である 。 そのほか中等度から重篤な副作用は特に報告されていない。 引用元:「リンゴンベリーエキス・桜の花エキス含有食品」 および 「クエン酸&カルシウム含有チュアブル錠」 の抗糖化作用および安全性確認試験
エリスリトール
エリスリトールは天然の糖アルコール。きのこ、果実、花の蜜などにそれぞれ含まれています。ブドウ糖を酵母により発酵させて作らています。科学的な調合をした合成甘味料ではありません。 体内に9割以上吸収され全く代謝されず尿中に排泄されます。カロリーゼロで血糖値を上昇をさせません FDA(アメリカの食品医薬品局)とEMA(ヨーロッパの医薬品局)が「摂取上限量を設定する必要はない」と示しています。日本では食品として使用が許可され、飲料等に幅広く使われています。添加物ではありません。 スーパーなどで普通に購入でき、砂糖の代用として使えます。 > 国連の食糧農業機関(FAO)及び世界保健機関(WHO)は、JECFA(Joint Expert Committee on Food Additives)を設けて、甘味料など添加物のの安全性評価を公表していますが、これらの糖アルコールは、極めて安全性が高いとされています。 引用元:ドクター江部の糖尿病徒然日記
リフタージュ公式サイトへ飲めば実感!
タイトルとURLをコピーしました